Reading Page

 
ショートショット!
ミステリアスな短いお話。

ショートショットについて

愛知県にあるアイシン精機労働組合の機関誌『ffユニオン』に掲載されたショートストーリー「Shortshot」です。1988年春号から2016年9月号まで、29年間執筆を続けてきました(65号と152号は、病気療養のため休載)。 作者名の「井上由(4号~21号、118号~155号)」および「井上優(22号~117号)」は、私(稲垣)のペンネームです。

Contents
同僚のトモヤの心を知ろうとしたユミだったが……。(134号掲載)
愛犬の生まれ変わりが……。(133号掲載)
散歩中、犬のシローが何かを言いだした。(132号掲載)
亡くなった妻の写真が見つからなくなってしまった。(131号掲載)
ボタンが取れたジャケットに不思議なことが起きた。(130号掲載)
祖母は、写真にまつわる不思議な思い出を語りだした。(129号掲載)
拾った電話から聞こえたのは、女の子が数を数える声だった。(128号掲載)
突然タイムスリップしてしまうのだが……。(127号掲載)
資料室での決まり事には意味があった。(126号掲載)
議論好きの男が二人。そして女が二人、やってきた。(125号掲載)
山村課長がいつも暗いのは、高校時代の体験に理由があるらしい。(124号掲載)
妻を亡くした男が何度も過去へ戻るが……。(123号掲載)
中学生のころに借りた百円のことがこころに引っかかっていた。(122号掲載)
愛犬ゴローと散歩中、妙な女が近づいてきた。(121号掲載)
亡くなった夫が部屋の隅でたたずんでいる。(120号掲載)
妻が亡くなり、それまでの毎日を後悔した私だった。(119号掲載)
未来カメラで彼女を撮ったら少女が写っていた。(118号掲載)
お座りをしない犬のクウが亡き父の椅子の前で座った。(117号掲載)
アパートの外壁に何かが当たる音がした。(116号掲載)
目を痛めた夜、無言の妻と過ごした。(115号掲載)

読みもののページ

ショートストーリーを中心に、しょーもないコラム、Mac系コンピューター関連の思いつきつぶやきなど、さまざまな「読み物」を掲載しています。
20世紀に書いたものもあり、かなり古い内容も含まれますが、以前のまま掲載しています。