Reading Page

 
ショートショット!
ミステリアスな短いお話。

ショートショットについて

愛知県にあるアイシン精機労働組合の機関誌『ffユニオン』に掲載されたショートストーリー「Shortshot」です。1988年春号から2016年9月号まで、29年間執筆を続けてきました(65号と152号は、病気療養のため休載)。 作者名の「井上由(4号~21号、118号~155号)」および「井上優(22号~117号)」は、私(稲垣)のペンネームです。

Contents
どうして今日に限ってご馳走なのか。夫はその理由を知りたかった。(13号掲載)
娘は入浴をのぞかれている気がしてならなかった。(12号掲載)
粋な計らいをする悪魔に、今宵は身をゆだねよう。(11号掲載)
こんなものがあったんじゃあ、商売あがったりだ。(10号掲載)
もし超能力があったなら、人は気前がよくなるかも……。(9号掲載)
ミョーガの持つ不思議な力を信じるべし。(8号掲載)
お見合いをするか、しないか。それが問題だ。(7号掲載)
同じ病室の男は、恐ろしい話を聞かせてくれた。(6号掲載)
誘拐犯人は、電話の相手を確認しなかった。(5号掲載)
後部座席のぬいぐるみには秘密があった。(4号掲載)

読みもののページ

ショートストーリーを中心に、しょーもないコラム、Mac系コンピューター関連の思いつきつぶやきなど、さまざまな「読み物」を掲載しています。
20世紀に書いたものもあり、かなり古い内容も含まれますが、以前のまま掲載しています。